タグ別アーカイブ: mastodon

【Mastodon】AWS、CentOS7、Apache2.4 でマストドン!

今流行りのMastodonを立ち上げて見ました -> https://humou.jp
(コスト高で停止しました。)

Mastodonって?->Wikipedia

公式のGitHubでサーバの構築ドキュメントがきちんとありましたが・・・

あえて、
・dockerを使わず
・nginxを使わず
・Ubuntuを使わず
構築してみようかと思いました。

以下、今回の環境設定

実はAmazonLinuxでも試しました。
ベースがレッドハット6系でいろいろと作業が止まったので断念しましたorz

1. 基本的な環境構築

EC2でCentOS7のインスタンスを作成します。
タイプはt2.microで大丈夫でした。

作成してインスタンスにログインできたら、基本的なリポジトリをインストール
(面倒くさがりな私は最初にsudo suをしてたりします)

2. rbenvとrbenv-buildとRuby

Ruby使ったことなかったんで、これが本当に良くわかんなくて詰まった。
公式的にはここを見ればできる書いてるけど・・・

ここからはmastodonユーザに切り替えておく

パス通しと初期化がなんか上手くいかない。
とりあえずパス通ってればいいんだろ?的なノリで上のように変数やら面倒なことしないで”絶対パス”で通してやった。

3. DBとRedis

Rubyインストールが長いんで、その間にDBを・・・
公式のドキュメントではRedisとDBの構築についても書かれていましたが、
AWSで楽したいので、RDSとElastiCacheを使います。

めっさ楽。

4. Apache2.4インストール

更に、以下を参考にMastodon用のバーチャルホストを追加
Apache設定

5. Mastodonインストール

ぶっちゃけRubyの構築が一番面倒だったのでここまでくればあとは楽・・・ではないな。

XXXXXのところはコマンド「rake secret」で作った文字列を張り付ければよろしいかと。(多分)

6. Mastodonをシステムに登録

SystemDに登録してスタートとかリスタートとか使えるようにする。

上記を行うと、以下のコマンドが有効になる

構築終わり。

7. 終わりに

・SSLとかの設定はLetsEncryptとかを見れば簡単にできると思うので割愛
・Rubyが全然わからん、どうしよう
・Haml?もまだ理解していない、どうしよう
・誰もいないのに1か月の維持費3600円くらい、どうしよう
・連盟?の組み方わからない、どうしよう

参考にさせて頂いたサイト一覧

https://github.com/tootsuite/mastodon
https://www.yournearestbar.com/
http://qiita.com/motiakoron/items/1e5b0679f7283bfee70b
http://qiita.com/genya0407/items/afb9c3f075225de856ed
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/amazon-linux-centos-rhel-difference/