カテゴリー別アーカイブ: 雑記

【スパム?】account was hacked

2018年10月初旬あたりから「あなたのアカウントをハッキングしました」的なスパムメールが数日おきに定期的に来るようになりました。
内容としては以下のような感じです

スパムの内容


・あなたのxxxx@xx.xx のアカウントをハッキングした。パスワードは「XXXXXX」だ
・○○月○○日~○○月○○日の間にあなたが訪れたポルノサイトで、あなたのシステムにマルウェアを仕込んだ
・あなたのシステム上のカメラであなたの恥ずかしい行動を記録済みである
・バラまかれたくなかったらBitCoinで○○○ドル支払え
・BitCoinでの支払いについて分からないならGoogleで調べてね
・これからはセキュリティに気をつけようね

なんかよくあるスパムメールかと思いましたが・・・
今回のスパムで驚いたのは、記載されているパスワードが「過去に実際に使っていた」ものなんですよ。

10年ほど前に使い始めたパスワードで今ではすべて変更されています。(懐かしさすらあった)
この件を友人に話してみたところやはり同じように10年ほど前に使っていたパスワードが記載されていたようです。

また、複数のメールアドレスに今回のスパムが届いて、複数種類のパスワードがありましたがいづれも既に使用していないものでした。
アドレスとパスワードの組み合わせから、とあるオンライゲームで使ってたやつっぽいなーって思いましたが・・・サービス終了してるのでもう確認できない・・・orz

親切なのか不親切なのか

件名(と文面)がバリエーションが豊富です。

「account was hacked」
「Delete Message After Reading!」
「xxx@xx.xx has been hacked! Change your password immediately!」
「Security Alert. xxx@xx.xx has password xxxxxx. Password must be changed.」

後半なんて、「危ないから早くパスワード変更して!」とか親切な感じで切り込もうとしてますね。
しかし、BitCoin払えよって脅迫してきてるので犯罪ですね。
犯罪なんですが、「このアドレスのパスワードこれだろ」って来るといろいろと絞り込めるので親切っちゃぁ親切・・・かもしれない。

「使用中のパスワードだ・・・BitCoin払った方がいい?」

使用中のアドレスとパスワードでメールが来た人はめっちゃ焦りますね。
ただ、システムのカメラまで乗っ取ってるんだったら他の「クレジットカード番号」とか「銀行のアカウント/パスワード」などもっともっと重要な情報が取れると思うんですけどね。
(てかカメラないし)
脅迫の文面からシステムにマルウェアを仕込んだのではなく「アドレスとパスワードを含む個人情報がどこからか流出した」が濃厚だと思います。

一応、利用しているサービスの中でメールとパスワードの組み合わせを確認し危なそうなのがあったらパスワード変更など対応して、BitCoin送金については無視でいいですね。

Windows10の自動再起動が再発

仕事ではMacBookProを使い、
サーバサイドではCentOSを使い、
自宅メインPCではWindows10を使う。

MacBookPro

良:Unixが元
良:タッチパッドがマジで使いやすい、マウスいらねぇキーボードから手が離れない
悪:ソフト少ない。WinMergeに相当する無料のツールがない、見つからない(これ重要)

CentOS

良:Unixを元にしたLinuxの1つ
悪:GUIが残念(サーバで使用しているので必要ないけどな!)
良:再起動?

Windows10

良:ゲーム!ゲーム!ゲーム!
悪:強制自動再起動

仕事上では問題ないんですよ。どうせMacとLinuxしか使わないんですから。
問題は家で趣味のゲームとゲームとプログラミングをしているときですよ。
この前もPHPでFANNの勉強中のメモなどが吹っ飛んでましたorz
この自動再起動さえなければ文句がないんですけどね。
Windows7みたいになって欲しいな・・・

 

家でなんかコード書いたりするときもMac欲しいなぁって軽く思ってきた。
だけど、Macは高いね、うん。

 

 

PHPのループで [毎回if文判定 VS 毎回%(剰余)計算]

とある場面で、以下のような状況になりました。

先頭に戻る処理を「if文」or「剰余」で配列の参照ポインタを計算することになりましたと。

ここで、どっちが処理速い?
と思ったので試してみました。

初めに1つ: 1億個ほどのデータ量じゃないと速度を実感できなかったりします。

上記をtimeコマンドで実行
>time php test.php

何回か試しましたが、1億回の繰り返しでは約1.5秒の差がありました。
比較のが軽いということですかね。

ただ、ぶっちゃけそんなに大きな差がないので気にせず可読性を重視しよう。
これに尽きると思います。

ぱっと思いつきませんでしたが、なんか他にもいろいろ方法はありそうですね。

 

——————-
PHP 5.6
CentOS 6.8
——————-

【自宅サーバ】HDDが勝手に復活

部屋の掃除がありまして、休止モードにしようとコマンドを試したところ壊れていたHDDが復活いたしました。

見事にRAID1が復旧中でございます。

なぜ復活したのか・・・

マジ、コンピュータって生き物だわぁ

さくらVPSのVCNコンソール

いやぁVCNコンソールの起動しないことしないこと・・・

最終的に、Java7の最新版の32bit版をインストールしたらなりました。

2回目くらいに一応32bit版も試したのに・・・ブラウザ再起動しないとダメなんですね・・・あ、はい・・・

ということでVPSお試し期間中です。

【apache】魔法少女アパッチ☆マギカ【php】

今日、apacheのアクセスログを見たらこんなんがあった

(IPとか”*”で伏せてる。めっちゃ長いの適当に改行を入れた)

巷で話題の「魔法少女アパッチ☆マギカ」なるものらしい(とあるブログで見たまんま)
続きを読む

とりあえず新WP初記事

サイトデザインとかプラグインとかもろもろ設定がまだなのでテスト稼動中。

このブログの目的はただのメモ。

忘れっぽいし、ドキュメント作成とか苦手なので。

ゆっくりやっていければいいかな。

 

ちなみに自宅サーバ上で、固定IPじゃないので見れなくなる時があるかもね!